もっと毎日を自由にワタシらしく生きていく
人に気を遣いすぎて疲れる毎日、会社からの給料で左右される人生にバイバイ。たったPC1台で収入も、働く時間も、付き合いたい人もマイペースに自分で決める!!ブログで稼ぐ力を身に付ける【ブロトレ】をキッカケに”自由に思い描けるライフスタイルを”手に入れよう!
30女の思ふ事

30代キャバ嬢はぶっちゃけ厳しい?辞め時や水商売ループを抜け出す為には?

こんにちは!nakoです。

 

キャバクラで働くとどうしてもその効率の良さからズルズルと長居してしまいますが、

30代になってからずーっと働き続けるのは正直結構大変だと思うんですよね。

 

でもなかなか昼職になじめず戻ってきてしまうなんて人も多いのが現状です。

今回はタイトルの通り、30代のキャバ嬢の辞め時についてをお話していきます。

キャバ嬢の辞め時や辞める年齢は?

私自身初めて夜の仕事をやったのは22歳の時ですね。(少々遅め)

MLMをやっていた為、効率的にお金を稼ぐ必要があったので、お給料のいい夜の仕事を教えてもらい、始めたのがキッカケです。

 

その後MLMのほうが忙しくなってきた為、24歳くらいで一旦上がるも、また30代になってから再び夜の世界で働き始めました。

そこから34歳まで続けていたわけです。

 

実際その中で辞める年齢について考えたことがありますが、この年齢に関しては、特に辞めなければいけない年齢はありません。

辞めなければいけない年齢があるとするならば、しいて言えばはお店のコンセプトから大幅に年齢が上がってきた時ですかね。

 

どうしても、夜の世界だともう25歳を過ぎると「おばさん」扱いされてしまいます。

なので、一番重要なのは、あなたがどのレベルで夜の仕事をやろうと思っているのかという所。

  • あくまでも本業がありながらのヘルプ腰掛程度
  • 本業でがっつりとやり続けていくつもり

それによっても辞め時があるかないか自体が変わってくるのかなと思います。

 

私の場合も同じくでずーっとやりたいわけではなかったけど「効率の良さ」でキャバクラをチョイスしていたのは正直あります。

しかし、自分の性にもあってなかったので、どのタイミングで抜けるべきなのかをすごく迷っていました。

それにやり続けている人の中には私だけではなく「いつまでやれるのか」という迷いをもってやっている人は多かったです。

30代キャバ嬢の現実

夜の仕事で30代でも活躍している人はすごいなと尊敬します。

ただ正直、今後一生食べていくという気持ちがないのであればなるべく早めに上がったほうがいいと思うんです。

何故なら相当な努力と、体力が必要になってくるからですね。

 

キャバクラで接客をしていく以上、昔から自分と関わってくれるお客さんをつなぎ続ける努力も必要ですし、それだけではなく当たり前ですがお客さんを新規開拓していかなければいけません。

その為新しいお客さんが来たら席に付けてもらえないとお客さんを掴むことができないわけです。

店側から一番見られるのは「お客さんを掴めるか、売り上げがあげられるかどうか」

「こいつ使えるな」と思われれば多く席につかせてもらえますが、使えないなと思われればあまり回されることもなく待機席にてずーっと待機。

その後お店が暇なら使えない順に上がらされて、目標の金額稼げない・・という事もあり得ます。

30代キャバ嬢は、20代前半のキャバ嬢とは違い、できゃぴきゃぴしていればお客さんがつくといういうわけではありませんので、自分の魅力を高めていく必要があるわけです。

 

見た目の綺麗を維持する

年齢を重ねると大人の魅力は出てきますが、やはり肌とか髪型、ネイルなどそれなりに若い時以上に気を遣っていかないと本当に「浮く」んですよね^^;

後はお客さんも結構見た目に対してシビアな人が多いです。

だからこそ、女のプライドの為にも美への努力はマスト。

肌の手入れから、化粧の仕方までしっかりと気を付けていく必要があります。

 

トーク力・コミュニケーション能力

年齢を重ねるほど、お客さんからは「トーク」と「コミュニケーション能力」が求められます。

笑って座ってれば許される20代前半とはわけが違うのは明らか。

ここも、必ず磨いていくべきところですね。

 

当たりの強いお客さんやセクハラするお客さんが増える

気にくわなかったら30分ついている間一言もしゃべってくれないなんてお客さんもいますし、何よりセクハラがめちゃくちゃ増えます。

それをかわせるだけのスキルとメンタルも確実に養っていく必要がありますよね。

 

 

わたしが知っている限りの大人キャバ嬢はとてもスゴイ人ばかり。

お客さんから呼ばれたらアフターや同伴は当たり前。

もちろんお酒もガンガン飲みますよね。

それでいて、そもそもこの仕事自体を「好き」でやっている人が多いです。

 

だからこそ続けられるし、お客さんもつくんですよね。

 

最初にも言った通り、夜の仕事に辞めなければいけない年齢はありません。

しかし歳を重ねてもやり続ける為には相当な覚悟と努力が必要だと思います。

 

やり続けるつもりがない、あまり性に合わないというのであれば、辞め時はなるべく早めに自分で設定することをお勧めします。

水商売の無限ループから抜け出す方法

最近のキャバ嬢は、大学生が多いかな?

大学時代だけバイトとして働くなんて人はそのまま夜の世界から大学卒業したら上がるパターンが多いのですが、

本業として20代前半でキャバクラで働いていた人たちは私が知っている限り、結構な確率で戻ってきます^^;

 

戻ってくる人の中には様々な事情がありますが、大体が

  • 子供がいるので生きていく為に(シングルマザー多し)
  • 金銭感覚が戻らず本業より稼げてしまうから

このような理由ですね。

 

昼職が合わない、シングルマザー。

本当にこの理由、多いんです。

やりたくてキャバクラをやっているのであればいいと思うのですが、それしか手段を知らないという場合は、自分で何かできるように挑戦してみる価値があると思います。

 

夜の仕事をやる良さは効率よく稼げる分、お金を貯めることができる事。

だからこそもしこのループから抜け出したいと思うのであれば貯金をして、そのお金で自分で食べる力を身に付けるところに投資をすることも手段の一つです。

 

私の場合はそのお金でアフィリエイトに挑戦した事で、今ではキャバクラ以上に効率よくお金を生み出すことができるようになっています。

 

ぶっちゃけ、アフィリエイトで目標の日にちまでに稼げなかったら、また一時的に夜で生計を立てる覚悟だったので、抜け出せて本当に良かったと思っています。

マジで私にとっては夜の仕事は性に合わなかった^^;

お客さんの顔色を伺って、恋愛できると夢見させて・・とにかくひどいお客さんの機嫌も取っていくのが耐えられなかった・・・本当にストレスがたまりまくりです。

 

30代になってからの夜の仕事が大変だし、これからどうしていこうかと悩んでいるという方は夜を上がる為の「稼ぎ方」について是非考えてみてくださいね^^

 

とはいえ、抜け出し方がわからない、昼の仕事だとお給料が安いし・・と思われる場合は私と同じように一つの手段として私のやっているアフィリエイトをやってみる事もありだと思います。

キャバクラで働いていたこともマネタイズできますからね♪

あなた自身が選択する事なので、お任せしますが、もし抜け出したいと思われる場合はメール講座や教科書でどのようにやっているのかを公開しているので下記バナーから入手してみてくださいね^^


blog trainer:nako

◆わがままに・自由に・自分らしく◆

HSPで人間関係に疲れて副業からPC1台で自由になった女


1983年6月生まれ

[マイブーム]
・映画をひたすら鑑賞する事
・シュールな動画や画像を集める事
・ショールームの前田さん
・お金を数える事(←)

[Activity content]
●ブログコンサル
●webマーケター
●マインドメンタリング
●人材育成研修トレーナー

2020年1月より日本最大級webビジネスコミュニティAugustaAcademyZEROのSEOコンサルタント就任。

M.ダックスのそら君11歳と、自宅を職場に時間や場所や人に束縛されないストレスフリーなライフスタイルを描き中♪

[history]
なくなんとなくの10代、MLMで大失敗して自己破産をした20代。
仕事では人間関係に病み、30代では理不尽な理由でクビ宣告。

何もかも疲れ切って追い込まれ
「もう人や会社に依存する生き方から抜け出して人生を変えたい」
と思った時に出会ったのがインターネットビジネスでPC1台で稼ぐという世界でした。

副業から飛び込んで5か月目にはPC1台の収入で生きられるようになり、今では誰に振り回されることもなく時間や場所にとらわれず、クレジットカードも復活できてPC1台で約30万円程度稼ぎながら自由きままな生活をしています。

『わがままに・自由に・自分らしく生きる』をテーマにただいま絶賛奔走中!

過去の私と同じようなジレンマを抱えて悩んでいる方へむけて、ブログで自立した生き方ができるという事を広める為にコンテンツ配信を開始。
私が今まで失敗や成功を繰り返して身に付けてきたノウハウを詰め込んだ、無料メール講座と教科書を発行しています。

もしあなたが、PC1台でライフスタイルを変えていきたいけどどうしていいかわからないという場合は、無料ですので【ブログが勝手に収益を生んでくれる仕組みを作る為の月収+10万円の秘訣】を下記バナーよりを入手してみてくださいね。